MENU

保育士の転職!転職で将来性は無限に広がる

 

保育士はたくさんの子供と接しながらも、成長を感じられるやりがいのある仕事でもあります。元気な子供たちを相手にするハードな仕事でもありますが、人間関係が良ければストレスも溜まりにくく、働きやすい職場と言えるでしょう。保育士が転職を考える一番の理由は、職場の人間関係で転職を考えている人も実際に多く居ます。現在では保育士が不足をよく耳にします。世の中には様々な場所で求められている人材でもあります。

 

転職するには今の職場よりも職場環境が整っていて、育児休暇の充実や収入面でもアップが見込める職場が見つかるのが理想です。元々良い条件の保育園では辞める人も少ないので、転職を考えているのであれば、早いうちから計画を立てながら余裕を持って探すと良いでしょう。育児休暇制度がなく、体力にも自信がない場合は、妊娠をきっかけに一度離職し、改めて働き方を考える時間を作っても良いかもしれません。

 

最近多いのは、一部の企業で子育て世代の女性も働きやすいようにと、企業内や病院内に保育所が次々に作られています。買い物を落ち着いて出来るようにと、ショッピングセンター内にも一時預け場所が増えています。民間や自治体でも年齢対象内の子供の預かり場所を設けた小規模の保育所やベビーシッター、保育ママでも保育士の資格を持った人が優遇されて採用されています。企業側としても、安心できるサービスを提供するには、知識や知恵を持っている保育士を求める場合が多いです。転職先を保育園と限定せずに、転職を機に全く別の職場で働くと言う選択肢も増え、将来性も広がります。

 

少子化が進んでいるのが問題視されている反面、子供一人に投資する親も増えて来ています。民間の保育施設でも、他社にはないサービスを用意している所もたくさんあり、今後も増えていくでしょう。こうした専門的な保育が求められる施設では、保育のプロが求められます。保育園のみならず、多種多様な場面でも必要にされ、保育士の将来性は益々高くなっていくでしょう。

 

 

保育士が転職する時の保育園選び

 

保育士が別の保育園や保育所に転職する際に、色々な基準で選びながら最終的にいくつかの候補に絞っていきます。その際にやっておくべきこととしてはなぜ転職をすることになったのかを思い出して、前の職場のどこに不満を抱いていたのかを認識することです。人間関係が嫌だったのであれば雰囲気の良さをポイントとして挙げる、給与面に不満があれば待遇が良さそうなところを中心に選ぶなどのことができます。そして、それぞれに優先順位をつけていき妥協できるものやこれだけは譲れないものなどをリストにしていくことが必要です。

 

そうしたリストにまとめていくと、例えば近所に求人募集をしている保育園を見つけた際に優先順位のトップからその保育園をチェックできます。給与面を1位にしていれば、それが基準に満たしていなかったら他の基準で良かったとしても諦めるなどのことが可能です。また給与面をクリアしていれば、他の部分で少し疑問点があってもこれくらいは妥協をしないといけないと思えます。転職で失敗するケースは結局何のために転職するのかを忘れてしまう、もしくはただ単に前の職場が嫌いだっただけという単純な理由が動機となっていることが多いです。

 

もちろん優先順位をつける際にその条件が常識的なものかを吟味することも必要です。保育士業界の事情というのがあるため、その事情を考慮しないで条件を決めてもなかなかいい求人は見つけられず無い物ねだりのような形になってしまいます。常識的な範囲内を模索し、その中でこれだけは譲れないものを決めておけば迷走することはありません。

 

妥協することや譲歩することをする場合もどこまで許すかを決めておくことが求められます。際限なく認めてしまえば、結局前の職場と同じような不満を抱えて終わってしまいます。新たな職場に満足して頑張れるようにするには妥協することだけでなく、自分自身をないがしろにしないで尊重していくことも重要です。

 

保育士の転職は求人サイトで探すのが一番

 

保育士の転職におすすめしたいのが求人サイトの利用であり、条件指定をして検索したり転職サポートを受けたりできます。キャリアコンサルタントが在籍しているので、悩みがあれば相談してみてください。適性診断によって最適と思われる職場の紹介を受けることもできます。転職において大切なのはバランスであり、合わない職場を選んでしまうあと再び転職を繰り返す要因となるでしょう。給料が高いことは大切ですが、ほかにも人間関係・勤務時間なども重要なポイントです。

 

ほとんどの保育士求人サイトではこだわり検索が可能になっており、条件を絞ることができます。未経験OKの職場は教育制度が整っており、職場の雰囲気も優しいと考えられます。オープニングスタッフ案件もアットホームな雰囲気で働くことができるので、職場の雰囲気を重視する方におすすめです。勤務時間・休日日数も確かめておく必要があり、ゆとりを持って働けるようにしましょう。精神的に余裕がなくなる職場は長続きせず、転職する原因となりやすいです。

 

キャリアコンサルタントに相談する場合は、こうした職場で働きたいと条件を明確に伝えておくことが大切となります。コンサルタントは条件をチェックした上で、相談者の適性やスキルに応じた職場を紹介してくれるでしょう。それぞれの職場の内部事情を知っていることも多いので、相談をして損をすることはありません。職場のメリットを知っておくことは大切ですが、それと同じくらいデメリットを把握することも重要となります。

 

保育士の求人サイトには、登録者しか閲覧できない非公開求人を紹介しているところもあります。非公開案件は情報の質がよく、応募殺到が予測されるため一般公開をしていないのです。公開求人より高待遇の案件が揃っているので、複数のサイトに登録して探すのもよいでしょう。保育士の仕事は都市部ほど選択肢が豊富にあるので、都市部に引越しして働くのもおすすめです。特に首都圏は待機児童の問題もあり、保育士が不足している現実があります。

 

保育士が転職する際に好まれる転職理由

 

保育士という職業のメリットとして、まずは求人が多いことが挙げられます。女性の仕事で人気があるものに事務がありますが、そもそも事務の求人数自体が少ないので、条件の良い仕事は多い応募者の間で奪い合いとなります。同じレベルの応募者であれば若い方が優先されるので、年齢が上がるごとに需要もどんどん減っていくのが現実です。その点、保育士であればまず求人数の多さが圧倒的です。若い保育士は結婚や出産で辞めやすい上、働く女性の増加に伴い待機児童も増加の一途をたどっており、求人もますます増えております。

 

事務等他の職種では年齢がデメリットとなりやすい女性の求人ですが、保育士においては特に子育て経験のあり、子どもを任せるのに安心感を感じさせる女性に需要があります。以上のような事情から、保育士の仕事は女性にとって他に類を見ないほど転職がしやすい職種です。その転職のしやすさから、待遇に不満があったり人間関係がうまくいかなかったりすると、すぐに転職をしてしまう人がいるのも事実です。とはいえ、採用する保育園側としてはすぐに辞めてしまう人を採用したくないのが本音です。嫌なことがあるとすぐに耐えられなってしまう人は、何度でも同じことを繰り返すと考えられているからです。なので、転職をする際には、どのような理由で応募してきたのかが問われてきます。

 

いくら前の職場に不満があったとしても、それを面接の際に感じさせてしまうのはマイナスにしかなりません。転職をした理由として望ましいのはポジティブなものであり、責任を持って職務に取り組む思い、仕事を通じて自分を成長させたい意志を、採用側に感じてもらうことが重要です。仮にネガティブな理由しかなかった場合も、新しい職場では前向きに働いていく姿勢を見せることが必要です。特色をもった保育園の場合、前の職場になかったその特色にひかれ共感したという思いをはっきり伝えると、採用側へのアピール効果は抜群です。

 

 

保育士の転職!パート保育士が転職するときの時給の相場について

 

パート保育士は働いた時間の分だけ給料がもらえる仕組みで一般の保育士に比べて拘束時間が少ないと言う場合がほとんどです。そのため従来正規の保育士として働いていた人が何らかの事情により退職した後で状況が変わったために働くには非常に働きやすいメリットがありますが、正規の場合と違い働いた時間に対して給料が支払われる仕組みとなっているため、総合的には昔に比べて給料が安くなる場合がほとんどです。
パート保育士の時給は地域によって異なり、他の職業も含めて比較的時給が高い都会においては1,000円を超えるケースがほとんどですが、地方の場合にはこの金額を下回ってしまうことも多いため、地域によって時給が異なることを知っておくことが大切です。

 

パート保育士の時給は現場は全国的に比較的高い水準で維持されている傾向があります。その理由は全国的に保育士が不足しており、ほとんどの場合希望すれば就職できる確率が高く、またその待遇によって募集を行った場合の集まり方も大きく異なるため、どの場合でも比較的高い時給を支払ってくれるところが多いのです。またパート保育士であっても重要な仕事を任されることも増えており、その仕事の内容によって時給が上がることも多いため比較的その金額は高くなる傾向にあります。

 

しかし、転職をする際には基本的には現在の職場に比べて時給が下がることを覚悟しておかなければなりません。一般的に他の職場で働いていた経験がある場合には即戦力として採用される確率が高いのですがその能力については新しい職場ではわからないため初めはその職場の最低の水準でのスタートになることが多いためです。ただしその金額は一般のパートの仕事に比べ特殊な能力を持っていると評価されることから比較的高めになることが多く、都市部では1,000円を超える程度の金額になることが多く、地方部でも1,000円に欠ける程度の金額となることが多いものです。その後の時給の変化については職場により異なるので、転職をする際にはその水準を確認しておくことが大切です。"


T1(821)
愛媛県
熊本県
富山県
東京都
京都府
岐阜県
広島県
山梨県
長崎県
新潟県
愛知県
奈良県
栃木県
福岡県
宮崎県
徳島県
福井県
沖縄県
岩手県
島根県
秋田県
香川県
静岡県
長野県
石川県
神奈川県
滋賀県
青森県
埼玉県
山形県
鹿児島県
三重県
福島県
千葉県
佐賀県
鳥取県
岡山県
群馬県
大阪府
茨城県
和歌山県
兵庫県
山口県
高知県
宮城県
北海道
大分県
T2(821)